count:677139
めもるるるトップへ
■耽る季節。
へっとへとです。へとへとって言葉は本当に力が入ってない感じがしますよね。

本日、新居を決めてまいりました。
内見を希望していた物件よりも「いいのがはいりましたぜ旦那」と見せてもらったものがすばらしく、
何よりあいぼうが「ここがいい」と乗り気になってくれていたのでそこにしました。
現在住んでいるところから車だと15分くらいの距離です。ちかっ。

契約書のところの続柄の部分に「同居人」と書こうとしたら、「婚約者」と書いてくれといわれました。
婚約者って書くの、凄く恥ずかしかったです。うれしはずかしなんちゃらです。

そして、もうしばらくしたら苗字が変わるんだなと思うと、急に今の苗字が恋しくなりました。
私は一人娘なので、私の苗字が変わってしまったらもう両親と祖母意外にこの苗字を名乗る人はいなくなるのです。
つまり、私のところで途絶えてしまうのです。

若い頃は好きな人の苗字と自分の名前を組み合わせて喜ぶのも楽しかったりしたものですが、
それが現実的になると色んな事が思い浮かぶものだなと、自分でも驚いています。
別姓になりたいわけではないのですが、なんともいえない気持ちです。

ちなみにあいぼうは2人兄弟の次男なので、たとえば我が家に婿養子に来ても苗字が途絶えることはお兄様次第ですがまずありません。
でも不思議なもので、あいぼうが私の家の苗字を名乗るっていうのがしっくりこないというか想像できないというか。
だから「む~こに~こないか~~♪」とは素直にいえません。色んな意味で。

もうちょっと耽ってみよう。

お気に召したらぽちっとお願いします!↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

| http://memorururu.com/kotonoha/index.php?e=497 |
| ことのはのめも。 | 05:08 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑

■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん) BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■