count:624332
めもるるるトップへ
■プロがいいっていうからいい、とは限らない。
一ヶ月前くらいから食べたいと思っていたケンタッキーのフライドチキンを食べてきました。
「ケンタッキー食べたい」と言ってしまいがちですが、ケンタッキーは食べれません。

そんなわけで出かけて帰ってきてゲームをしてご飯を食べたらそのまま寝てしまって、
ついさきほど起きてキングオブコント見てました。
採点をしているのが芸人さんだからか、会場のお客さんの盛り上がり方と得点が一致しないときもあるのがおもしろいですね。
ダントツでサンドウィッチマンがおもしろかったのに、優勝は東京03でしたね。
確かにおもしろかったけど、953点の9の部分が機械のミスで8だったんじゃないかなと思いました。
それくらいサンドウィッチマンがおもしろかった。

あのキングオブコントを芸人が採点するということは、一般の人に見せるためのものではないと思うんです。
たとえばファッションショーをやってどのデザイナーも絶賛する洋服が出てきたとしても、実際に販売すると売れない、とか。
何事もそうかもしれないですが、特にお笑いは、より多くの人が見てくれて笑ってくれてなんぼだと思うのです。

去年のバッファロー吾郎も見ていましたが、ひとつも面白いと思えなかったんです。
プロの芸人が高得点をつけているから、これはきっと面白いんだ、だから笑わなきゃ、って一般の人がなってしまったらもうダメだと思います。
何かがどんどん失われていく気がする。

この番組、やる必要あるのかな?
採点はやっぱり一般の人1000人にやってもらった方がいいと思うんだけどなあ。

お気に召したらぽちっとお願いします!↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

| http://memorururu.com/kotonoha/index.php?e=466 |
| ことのはのめも。 | 10:59 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑

■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん) BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■