count:624332
めもるるるトップへ
■一度は行きたい関ヶ原。
天地人を見て、私もあいぼうもモヤっとしたままご飯を食べました。
小早川の寝返りなんてあまりに有名な話だから、わかってはいてもやっぱりモヤっとします。

中学生くらいで学んだ戦国時代の歴史の知識といえば、「徳川家康が石田三成を倒して幕府を立ち上げました」くらいです。
そして何事においても『負けた方が悪い人』というイメージでした。
ほら、勧善懲悪モノは当然悪い方が最後には負けますからね。
だから当時の私は徳川家康はとても良いおじさんだと思っていたように思います。

色んな知識が付くようになってからは『徳川家康、とんでもないタヌキ親父め』と思うようにもなりました。
がしかし、もし西軍が勝利していたら、今こうやってのんびり飯を食う時代になっていたのだろうか、とも思います。
なんだかんだで300年くらい、徳川幕府は日本を治めてきたわけですから。

深く知れば知るほど、どっちが良い悪いとはいえないのが歴史上の出来事なのかもしれません。
小早川にも、主として守るべき民がいたことは間違いありません。
だから歴史はおもしろく、そこから学ぶべきことも多いです。

でもやっぱりモヤっとしますね。理屈じゃないんだよね。

お気に召したらぽちっとお願いします!↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

| http://memorururu.com/kotonoha/index.php?e=464 |
| ことのはのめも。 | 11:36 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑

■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん) BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■