count:624332
めもるるるトップへ
■写真では残せなかった何か。
今日は9.11の日です。
私はこの事件の起きた約1年後にニューヨークへ行きました。
もちろん、ワールドトレードセンターの跡地にも足を運びました。

事件当時の記憶が未だに鮮明に残っています。
夜、友人の車でドンキホーテに行き買い物をしていました。
そこで沢山並んだテレビすべてに、大きなビルに突っ込んでいく飛行機の映像が流れていました。
これは何の映画なのだろうと、現実に起こっていたことだと認識するのに少し時間がかかった記憶があります。

まだ傷の癒えないニューヨークのあの場所で、何もなくなってしまった跡地を見たときは言葉に出来ないほどの衝撃でした。
周りは動いているのに、本当にそこだけ時間が止まっているように見えたのです。
ビルから落ちてきた残骸で被害を受けた周囲のビルも、黒いビニールで覆われていました。
そしてワールドトレードセンターの周囲を囲っているフェンスには、数え切れないほどのメッセージが貼り付けられていました。
私はシャッターを押したような気がします。でもその時の記憶がとても曖昧なのです。

偶然にもまだ傷跡の残るあの地を訪れることになった日本人の1人として、ここで見た景色を、写真ではなく、
もっとずっと深く心に焼き付けておかなくてはならない、なぜかそんな使命感を持ちました。

本当にあの現場の様子は7年経った今でもこの時期になると目に浮かんできます。
あの事件で亡くなったすべての人に、ご冥福をお祈りしたいと思います。

お気に召したらぽちっとお願いします!↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

| http://memorururu.com/kotonoha/index.php?e=455 |
| ことのはのめも。 | 09:49 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑

■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん) BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■