count:633468
めもるるるトップへ
■今日で最後だから。
毎回毎回同じようなことを書いていますが、今日で最後だから許してください。
いやー素晴らしかった高校野球!
きっとお仕事で見てらっしゃらない方もいると思うのですが、是非スポーツニュースでもいいから見ていただきたい!

正直8回の裏の攻撃が終わった段階で、試合結果は誰もが中京大中京の勝ちだと思ったはずです。
ところが9回表の日本文理の攻撃はすさまじいものでした。
2アウトになってからも、バッターボックスに立つ選手の目は全く腐ってなかったのです。
会場全体が一気に日本文理がんばれというムードになる中投げていた中京大中京のピッチャーのプレッシャーといったら、想像するだけで胃が痛くなりそうです。

試合が終わった後、負けた日本文理の選手は笑顔、中京大中京の選手は泣いていました。
それがこの試合のすべてを物語っていたように思います。

高校野球は地元の高校が負けてしまった後は、どのチームにも勝ってもらいたいという気持ちになります。
でもそこは勝負の世界ですから勝敗が決してしまうわけですが、今年の決勝は本当にどっちが勝ってもおかしくない試合でした。
日本文理の監督が試合前、「うちのほうが勢力では弱いかもしれないけど、相手も同じ高校生なんだから何が起こるかはわからん」というようなことを
コメントしていたのが印象的でした。
そして決勝を見て、名門とか初出場とか関係なく、あらゆる可能性に満ち溢れているんだなと思いました。

もちろん高校生じゃない私たち大人にも、それは同じことが言えるんだろうけど、
きっとまだまだ、あの子たちほどの努力をしていなかったり、そもそも情熱を傾ける何かが見つかってないのかもしれない。
見つかってないんじゃなくて見つけようとする努力さえ怠っているのかもしれないです。

本当に高校球児のみなさん、お疲れ様でした。素敵な夏をありがとう。

お気に召したらぽちっとお願いします!↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

| http://memorururu.com/kotonoha/index.php?e=437 |
| ことのはのめも。 | 10:38 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑

■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん) BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■