count:679608
めもるるるトップへ
■しまむらのすべてが凄かった。
毎日書くことを心がけていることのはのめもですが、毎日ネタに悩みます。
ふと思ったことを書く場所ではあるのですが、本当に1日何もなく、何も深く考えない日もたくさんあります。
また、出来事があったとしても、公の場で書くようなことではないなと自重してしまう場合もあります。何かを批判すればあれこれかけるのかもしれませんが、あまり好きではありません。
何が言いたいかというと、今日は書くネタが本当にありません。どうしましょ。そして今凄く眠いです。

昨日、録画しておいたカンブリア宮殿を見ました。
毎回録画しているわけではないのですが、ふとテレビ欄をみたら「しまむら」の文字が目に入ったので思わず録画してしまいました。
私が今住んでいる地域の近くにはしまむらは無い(と思う)のですが、実家のほうにはありました。何度か行ったこともあります。
単純になんであんなに安く出来るのかが凄く不思議に思っていたので、興味があって録画したわけですが、代表の方のお話はとても興味深く、新しい事に常に挑戦し続け、自分たちにしかできないやり方を模索し、社員を大事にするという、村上龍さんも最後にまとめていましたが「超優良企業」のイメージがつきました。
店長を任されている方の7割がパートから昇格した人だといいます、しまむらのターゲットは主婦層ですから、より主婦の気持ちに立って指導ができるのかもしれません。
ある社員の方が「マニュアルがたくさんあるけど、やらされている感がない、充実している」と述べていました。つまり仕事の効率がよくやりがいもあるという事です、こんな仕事なかなかありません。
これはしまむらで働きたいという人が増えるだろうなあと思いました、もちろん働く気持ちがあることが大前提ですが。

働くってなんだろう、またそんなことを考えるきっかけになった番組でした。
働くってすごいことですよね。

お気に召したらぽちっとお願いします!↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

| http://memorururu.com/kotonoha/index.php?e=1878 |
| ことのはのめも。 | 11:01 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑

■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん) BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■