めもるるる

  ■めもるるるトップコネタめもる>〜みかんをステキに保存する方法を考える〜2ページ目
■みかんをステキに保存する方法を考える

ステキな部屋にあるインテリアと言えば…

チェス盤とかいいんじゃないだろうか。

というわけで台の上に白いガムテープをつかってマス目を作ってみました。

マス目完成。
舞台は整った。

早速みかんを並べてみます。
おおまさにチェス。
チェスっぽい。
おおなんだかいい感じになってきた。

しかしここでチェスのルールがわからないという致命的なことに気づきました。

ここから何も発展しないのでは意味がない。
何か別の手を考えなくては。

困ってるみかん。
さてどうしよう。
どこかで見たことのある配列。
ん…この形は…。

4つのみかんをじーっと見つめていると、どこかで見覚えのあるような配列だと気づきました。

この配列、これはまさにオセロではないか!

オセロなら私もルールはわかります。これが私の求めていたものかもしれない!
というわけで早速試合開始です。
試合開始。
ヘタが見える方が黒、見えない方が白。

白優勢か。
あ、白が角を取った!

黒がんばれ。
依然として白が優勢。

黒巻き返しなるか。
勝負の行方は!?

試合終了。
終局。

いい試合でした。
18対7で黒の逆転勝ち!

試合の結果は黒の勝ちでした。

というか、途中からどっちが白でどっちが黒かは目を凝らして見ないとわからなくなってきました。

そもそも表裏があまりはっきりしないみかんでオセロなんて無謀だったようです。
うーんもっとこう何かみかんを活かした戦いはないのだろうか。
どうしたもんか。
しばし考えてみる。

このみかんの配置。
そしてもともとのみかんの色、形。

こ、これは!
武道会か!
戦いと言えば!
天下一武道会だ!

というわけでここから白熱のバトルを繰り広げることになったみかんたち。
続きは次ページへ急げ!

⇒みかんをステキに保存する方法を考える3ページ目へ


⇒コネタめもるトップへもどる
⇒もうどうでもいいのでTOPへ
Copyright (c)2007 memorururu.com All Rights Reserved.